タイトル

研究設備

キラルHPLC:

 光学純度の決定に用いるキラルHPLCは、不斉反応の必需品です。現在、2台の測定器と様々なキラルカラムを所有しています。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

分取HPLC:

 化合物の精製、ジアステレオマーの分離などに活躍します。測定用としても使用できます。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

MPLC:

 カラム精製では困難な場合などに用います。オートコレクターでUV吸収のあるピークを自動で分取できます。カラムの大小サイズの異なるものが1台ずつあります。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

GC-MS:

 反応追跡、化合物の同定に用います。簡便ですが、重要な装置です。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

UPLC-MS:

 GC-MSでは測定が困難な化合物の測定に用います。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

GPC:

 触媒前駆体の精製、反応基質の幾何異性の分離などに用いています。UV波長を変えられるタイプ(写真右)とRIディテクター付のタイプ(2台)があります。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

GC:

 HPLCでは測定困難な化合物のエナンチオ選択性の測定(キラルカラム)、EZ比またはジアステレオマー比の測定などに利用しています。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

IR:

 ATRなので固体サンプル・液体サンプル共に、簡単にIRの測定が可能となりました。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

旋光計:

 旋光度は絶対配置の決定などに用いる重要な化合物データです。不斉反応には欠かせません。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

低温恒温層:

低温での反応には必需で、0度から-40度の温度対応が2台、-40度から-80度の温度対応が2台の計4台を所有しています。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

グローブボックス:

空気や水に不安定な化合物を取り扱う際に使用します。金属触媒反応には欠かせません。

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

600 MHz NMR:

有機化合物の構造決定に使用する絶対必須の実験装置です。他にも合同A棟別館に400 MHz NMRを使用しています。また、巨大分子解析センターの800 MHz, 700 MHz NMRを利用しています。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

X-LC:

HPLCと比べて約10分の1の時間で分析することができます。

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

マイクロウェーブ反応装置:

マイクロ波の照射により反応効率を向上させることができます。

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

無水溶媒装置:

無水条件での反応を実施する際の溶媒として使用します。

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

これらを駆使して日々研究を行っています。

TOP